中枢神経へ悪影響を及ぼす腰部脊柱管狭窄症|蓄積する負担に用心

足や腰の痛みと痺れの原因

看護師

長期間の腰への負担が原因

腰部脊柱管狭窄症は、背骨にある脊髄中枢神経の通り道である脊柱管が変形して狭くなることによって、神経と血管が圧迫されて、腰痛や下肢のしびれなどの症状を引き起こす病気です。高齢化による変化が発症の主な原因でありますが、肉体労働や長距離トラックの運転手やタクシー運転手などの長時間運転する人など長期間にわたり腰に負担をかけている人に多く発症します。そのほかにも、先天的なもの、椎間板ヘルニアの合併症、腰椎の手術の影響など様々な原因で発症することもわかっています。腰部脊柱管狭窄症の特徴は、歩いていると徐々に下肢が重くなったり痺れてきたりする間欠性跛行があります。安静時には症状がなく、少し休むと痛みが取れるのも特徴的な症状です。日頃から蓄積する負担に用心しましょう。

早めに受診が大切

腰部脊柱管狭窄症の診断は、X線検査、CT検査、MRI検査を行います。X線やCT検査だけでは確定診断は出来ませんが、背骨が狭くなる原因である、骨のずれや側弯の有無などが判定できます。X線検査で疑いの症状が発見されたら、最重要の検査であるMRI検査を行います。MRI検査では狭窄の有無や程度を確認できるからです。脊柱管狭窄症の治療法には、保存療法と手術療法があります。保存療法とは、手術をしないで治療を行うもので薬物療法、理学療法などを行います。保存療法で改善が見られない時や症状が強い場合は、手術療法を行います。手術で脊柱管を広げ、神経への圧迫を取り除くため、開窓術、椎弓切除術などを症状によって行います。腰部脊柱管狭窄症は、早期発見、早期治療することで症状の悪化を防ぐことが可能であり、症状によっては、早めに手術した方が良い場合あるので、早めに受診して医師と十分に相談をし治療に取り組むことが大切です。

腰の痛くならない生活を

ドクター

人によって原因が様々である腰痛は、最近では精神ストレスも要因と見なされるようになりました。椎間板ヘルニアになると歩行困難になることもあり、日常生活に支障をきたすことがあります。そのため、普段から正しい姿勢を保つようにしましょう。また、クリニックで検査を受けてみるのもいいでしょう。

More Detail

健康診断は定期的に受ける

2人の女の人

健康診断は梅田クリニックで受診しましょう。仕事が忙しくてなかなか健康診断にまで時間を回せない人でも、梅田クリニックなら自分の都合の良い日に合わせて受けることが可能です。さらに最先端の医療機器が揃っているので病気の早期発見にも繋がります。

More Detail

珍しい病気です

手術室

胸腺は子どもの時は免疫機能をもつ重要な部位ですが、大人になるとその働きは失われ脂肪組織に変わります。胸腺に出来る腫瘍を胸腺腫瘍と呼びますが、初期には自覚症状はありません。早期発見には定期的な胸部X線検査が有効です。

More Detail